2014/10/06 IWA-PIA 2014においてGlobal Winner およびSuperior Achievement Award授賞

株式会社ナガオカ(本店:大阪府貝塚市、社長三村等、以下ナガオカ)は2014年9月24日、ポルトガルのリスボン市で開催されたIWA World Water Congress & Exhibition においてナガオカが開発した"エナレス"および関連技術がIWA(世界水協会)による審査の結果、2014年度のProject Innovation Awards (以下PIA)のSmall Project部門においてGlobal Winner (世界最優秀賞)を授賞しました。 また、同技術に対するIWAの評価がPIAの6部門全体で最高の成績であったことからSuperior Achievement Award(最高功績賞)も与えられ、表彰されました。 Award Ceremony (PIA表彰式) にはIWAの新旧会長のDr. G. Daigger、Prof. H. Kroiss、専務理事の Dr. G. Bergkampをはじめ、世界の水業界をリードする専門家や企業の代表者も参加され盛大に行われました。

ナガオカが受賞した"エナレス"は、富栄養化等により飲用に適さなくなったダムの水を電力など人口エネルギーを使わず浄化する前処理装置および関連技術で、中国浙江省においてその効果が実証されたものです。

ナガオカのIWA-PIAにおける受賞は、2010年のケミレス、2012年のスクリーンによる井戸改修に続き3度目の連続受賞で、世界初の快挙です。 また、Superior Achievement Awardの受賞は日本では初となります。

IWAは世界130か国の水道協会及び関係者と約10,000人の個人および500の会員企業からなる世界最高の水分野の国際機関であり、IWAが主催するProject Innovation Awardsは2年に一度水分野の革新的技術などを評価する国際的な栄誉ある表彰制度です。 ナガオカはこのIWA-PIAにおいて連続3回授賞しており、その経験を活かしつつ、今後も国内外の水問題に取り組み、世界貢献に寄与して参ります。