2014/03/26 北控水務集団有限公司と曹妃甸HiSIS Pilot Plant合意書を締結

 2014年3月18日、当社は北控水務集団有限公司(BEWG)と曹妃甸(中国河北省唐山市曹妃甸工業開発区)HiSIS Pilot Plantについて合意書を締結致しました。BEWGは、2008年7月1日に設立した香港証券取引所で上場企業(証券コード:HK00371)であり、設立時100万トン/日未満であった処理能力が僅か5年間で2000万トン/日を達成し、事業内容も当初の下水分野から上水・汚泥処理・水環境改善・海水淡水化事業まで幅広く手掛けるなど、現在、中国水業界において最大級に影響力のある企業です。

(曹妃甸HiSIS Pilot Plantについて)
 ナガオカは、高速海底浸透取水システム(HiSIS)の処理水を、後段膜処理設備 (北控水務殿所掌)へ送水いたします。
 2014年7月より2年間の予定で本実証実験を行い、渤海湾の水質や水温に適応した取水プロセス・技術の確立を目指します。

(曹妃甸海水淡水化PJについて)
 国家発展改革委員会の方針を受け、「北京への上水として100万m3/日の送水」が計画されています。
 (出展:日中経済協会 海水淡水化事業考察訪中団報告)