2015/07/31 VIWASEとMOUを締結

ナガオカは2015年7月24日、ベトナムハノイに本社をおく水道コンサル最大手のVIWASE(Vietnam Water, Sanitation and Environment Joint stock company)とお互いに協力していく旨のMemorandum of Understandingを締結しました。

VIWASEは1969年に設立されて以来、ベトナムの水道業界でリーディングコンサルタントとして、数多くのPJを実施しています。現在は350名の社員を有し、設計を初め、計画策定、調査業務等幅広く事業を展開しています。また、VIWASEはJICA、世界銀行、アジア開発銀行等のプロジェクトも数多く手がけています。

ハノイの主な水源は地下水ですが、今後は表流水がメインになると言われています。しかし、ベトナムの表流水は非常に濁度が高く、水処理には高額のランニングコストが必要になると予想されています。浅井戸の技術がベトナムには普及していないため、VIWASEは当社の浅井戸を用いた伏流水の取水及び地下水中の鉄、マンガン、アンモニア態窒素を無薬注で処理できる「ケミレス」に興味を示しています。 そのため、ナガオカはVIWASEと協力し、ナガオカの技術を適用することでベトナムの水問題に貢献していきます。