2019/03/22 ベトナム・ハノイ市における大型ケミレス受注のお知らせ

株式会社ナガオカは、2019年3月18日にSon Ha International Corporation(ベトナム社会主義共和国(以下、「ベトナム」と言う。)のステンレス製貯水タンク・配管の最大手でホーチミン証券取引所上場企業、本社:ハノイ市)より、大型(処理量:10,000m3/日)の超高速無薬注生物処理装置「ケミレス」(以下、「ケミレス」と言う。)を用いた「ハノイ市 DN浄水場内水処理設備更新工事」を受注いたしましたので、お知らせします。
今回の受注は、2018年9月にSon Ha International Corporationとベトナム国内の水処理事業を拡大するため、互いに協力していく旨の覚書を締結し、2018年10月にハノイ市において受注した小型(200m3/日)の「ケミレス」に続いての受注となります。

1.プロジェクト概要

事 業 名: DN浄水場内水処理設備更新工事
工事場所: ベトナム ハノイ市
処理量 : 10,000m3/日
原水源 : 地下水
原水水質: 鉄:9.4 mg/L; マンガン:0.4 mg/L; アンモニア態窒素:4.8 mg/L

2.採用の背景と今後の展開

 2018年12月にベトナム保健省から「水道水質基準」の新基準が公開されました。新基準では、アンモニア態窒素の基準値が「3.0 mg/L未満」から「0.3 mg/L未満」となり、高濃度のアンモニア態窒素(4.8 mg/L) を含む当該浄水場の既設設備では、浄水処理が困難となっていました。
 今般、当該浄水場の水質を改善するにあたり、薬品を使用せず、高濃度のアンモニア態窒素を高速で処理することが出来る「ケミレス」の優位性が認められ、採用に至りました。

株式会社ナガオカは、本技術をベトナム ハノイ市および他地域にも浸透させ、ベトナム国内の水処理事業の拡大に注力してまいります。


以上