2017/05/31 タイでの「ケミレス」パイロット試験に着手

当社は、2017年5月30日に「ケミレス」パイロット試験の実施に向けて、タイ地方水道公社(Provincial Waterworks Association)とPWA管轄の浄水場でキックオフミーティングを開催しました。また、本パイロット試験の実施に向けて、2017年4月5日にPWA及び三井物産プラントシステム株式会社(以下、MPS)と「ケミレスの実証実験に関する覚書」を締結しております。

本件は、2017年5月15日に国際協力機構(以下、JICA)と締結した「中小企業海外展開支援事業「タイ国地方部における超高速無薬注水処理装置「ケミレス」の浄水技術を用いた給水事業にかかる案件化調査」に関するものであり、今回のミーティングにて本調査が円滑にスタートし、タイでのケミレス導入が期待されます。

【本案件調査の背景】
PWAが上水供給事業を行っている地方部において、水需要は2005年より倍増していますが、未だ給水設備が存在しない住民が約825万人存在しています。そのうち、水源となる河川から離れた地域においては地下水が重要な水源となりますが、一部では地下水中の鉄、マンガン、ヒ素が基準を超過しており、適切な処理が必要となっていることが判明しました。また、小規模の浄水場が多く、設備の更新にあたり、人手が必要ない維持管理の容易なシステムが求められています。

参考:(プレスリリース)PWA News Release  URL:https://www.pwa.co.th/news/view/56686