2016/08/03 2016年度JICA研修員受入について

株式会社ナガオカ(本店:大阪府貝塚市、代表取締役:三村等、以下、「ナガオカ」と言う。)は独立行政法人国際協力機構(以下、「JICA」と言う。)が開発途上国向けに実施している上水道分野の研修プログラムにおいて、日本に招聘された研修員に対し当社の地下水取水技術及び水処理技術、製品に関する研修を行いました。
本事業は、JICAが開発途上国の国づくりの担い手となる人材を、「研修員」として招き、上水道に関わる技術や知識の習得、制度構築等のバックアップを目的としたものです。
当社での受入は6年目となり、今年は合計3グループ、22カ国、48名の水関連事業に携わる研修員を迎え、研修を行いました。
研修の運営は、若手社員が中心となって行い、当社技術や製品を紹介する研修に加えて懇親会も開催し、研修員のみなさんと自由な意見交換を行うなど国際交流も図りました。
当社での研修が、各研修員の自国における水事業発展において有益なものとなることを期待します。また今後も当社は、世界中の水不足で悩む開発途上国への、安全・安心・持続的な水の供給に貢献をしてまいります


1.講義内容
講義名(全受入共通):地下水・伏流水の取水技術と水処理技術について
講義内容 :
1) 会社概要および当社の地下水取水・水処理技術に関するプレゼンテーション
2) 貝塚工場での「ナガオカスクリーン」製造見学と「ケミレス」のデモ機による仕組みの説明

2.受入スケジュール
1回目研修受入日 : 2016年7月12日(火)
主 催 者   : JICA北海道(研修実施機関:札幌市水道局)
コ ー ス 名 : 課題別研修「上水道施設技術総合(B)」コース
参加国、参加人数: 8カ国、11名

2回目研修受入日 : 2016年7月22日(金)
主 催 者   : JICA東京(研修実施機関:公益社団法人日本水道協会)
コ ー ス 名 : 課題別研修「上水道施設技術総合(A)」コース
参加国、参加人数: 10カ国、15名
 
3回目研修受入日 : 2016年7月28日(木)
主 催 者   : JICA関西(研修実施機関:株式会社大阪水道総合サービス、一般社団法人神戸市水道サービス公社)
コ ー ス 名 : 課別研修「都市上水維持管理コース」
参加国、参加人数: 15カ国、22名