2014/07/27 ベトナム資源環境省、全国水資源調査・企画センターとの協業

株式会社ナガオカ(本店:大阪府貝塚市、社長三村等、以下ナガオカ)は2014年7月18日、ベトナム資源環境省傘下の全国水源調査・企画センター(National Center for Water Resources Planning and Investigation:以下、NAWAPI)と「水資源開拓と処理」に関するワークショップをハノイにて共同開催しました。

本ワークショップはベトナムの水資源の状況調査や将来的に適切かつ持続可能な水資源の開発についての有用なテーマを題材としており、ベトナムにおける水資源関連の国営・市営企業の関心も高く、テレビ局による取材も行われました。

ベトナム資源環境省およびNAWAPIの全国各支部の役員、バクニン市、ビンフク市、ハイズン市、ハザン市、タイグエン市、ランソン市、ホアビン市等の資源環境所の代表やハノイ土木大学、ハノイ鉱山・地質大学、ハノイ資源環境大学の代表、ベトナム地質・水文協会の代表等の約60名が出席されました。

ベトナムの全国における地下水貯量、地下水開拓、地下水の水質等に関する18のプレゼンが発表され、ナガオカはベトナム水資源情報に合わせた取水技術、地下水処理技術のCHEMILES、高速海底浸透取水技術のHiSISを発表しました。また、ベトナムの水資源開発の現状と当社の技術適用性について意見交換が行われ、有意義なワークショップとなりました。

ワークショップの後、ナガオカとNAWAPI両社は協力合意書及び機密保持契約書を締結しました。今後、NAWAPIとの連携を強化し、ベトナムにおける取水プロジェクト、また地下水処理プロジェクトを展開して参ります。