2013/07/10 中国・大連工場の竣工

株式会社ナガオカは日立造船株式会社との合弁により中国、大連市開発区に那賀日造設備(大連)有限公司(以下大連工場)を建設しておりましたが、7月10日竣工しました。「エネルギー」 「水」 「環境」 の事業領域においては、これまでも両社でパートナーシップを組んでグローバルな活動を展開して参りましたが、中国での新たな製造拠点として大連工場の設立により、今後も発展が期待される中国や東アジア市場でこれまでに両社が築いてきた優れた製品や技術を、より早く、より多く提供することで、より一層の顧客満足を得るよう努めて参ります。

中国では人口増加や高度経済成長に伴い、各種化学プラントの増設や、安全で持続的に供給できる水などのニーズが高まっています。大連工場では、ナガオカの"インターナル"や日立造船の"ベッセル"を中核とした石油精製を始め石油化学関連プロセス機器を製造し、脱硫によりPM 2.5の削減効果をもたらし、クリーンエネルギーでより優しい環境作りに寄与します。

また、水および環境分野では、簡易で経済的な地下水取水を可能にする各種の"ナガオカスクリーン"、 ナガオカが開発した薬品を使用せず環境に優しい生物処理である地下水浄水設備"ケミレス"、ナガオカ・日立造船の共同開発技術である"高速海水浸透取水技術HiSIS"など水資源不足の解消にも大きく貢献する技術があり、これらを中国に紹介していきます。

最新設備を備えた新鋭工場によりこれら製品を経済的に、かつ技術やサービスをよりスピーディーに顧客の皆さまにお届けする体制を整え、国際的な社会貢献の一助となるべく努力してまいります。今後の当社の成長にご期待いただくとともに一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。